FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京演奏旅行記1日目

7月29日(金)の夜明け前、小雨の降る中、先に乗車していた小島さんとともに、
ジャンボタクシーで成田空港に向け出発。
あまりとれなかった睡眠時間をタクシーで挽回しようと思ったが、
あまりの乗り心地の悪さに(トランポリン状態)その計画もあえなく打ち砕かれ、
そのまま朝の空港に到着。
先に東京入りしていた大澤さんと合流し、手続きを終え10:25出発までの2時間弱をのんびり過ごす。

はずだったが・・・
北京が豪雨のため出発時間延期の発表が、13:00まで待てとのアナウンス。
昼食をたべたり仮眠をとったりと、待ち時間を過ごす。


beijing_narita_1
待ち時間をのんびり過ごす大澤さんと小島さん

13:00、欠航決定。
「けっこう~!? おいおい、俺の睡眠時間を返してくれ」と、自然現象をひそかに恨む。
次の手続きは17:00。JALからもらったお食事券1,500円で、
出発ロビー内の食堂で2度目のお昼ご飯。
ロビー内に設置されていたマッサージチェアーにすわってみたり、
端から端までウォーキングしてみたり、本屋で立ち読みしてみたり、
空港の「ぬし」と化していた。

待ちわびた17:00、手続き開始。
19:00過ぎにようやく北京に向けて離陸。

約3時間のフライト時間で北京に到着。

beijing_beijing airport
北京空港内の風景



cd_4 cd_5
ブルースフェスティバルの会場「CD BLUES CAFE」
写真は2日目の良く晴れた夕方。初日のこの夜は土砂降りの雨でした。


急いで会場の「CD BLUES CAFE」に向かう。
Ds&baを地元のミュージシャンにお願いしてあり、
本来ならば打ち合わせをして本番にのぞむはずだったが、
その時間も無く、いきなり本番に突入。

cd_1
ステージからの風景

天候のせいで打ち合わせが出来なかったとはいえ、演奏内容はいまいち。
それでもお客さまにはたくさんの声援をいただきました。

cd_3
今回のメンバー。左端はドラマーの權友(チュエンユー、私たちは”けんさん”と呼ぶ)、
右端がベースのワンレイ


cd_6
バタバタと店に押し掛けて、息つく間も無く演奏、
終了後、ようやくほっと一息、生ビールで乾杯。


cd_7
プロのドラマーのケンさん、ちょっとコワモテだけど、すごくおもしろキャラ。
日本語も少し話せます。今回はケンさんにとってもお世話になりました。


この後、睡眠不足もなんのその、ケンさんの案内で地元の食堂へ移動して打ち上げ。
大澤さんの通訳で、いろいろな話しが聞けました。
普通の観光旅行ではなかなかこういう体験は出来なかったでしょう。
大澤さんとケンさんに感謝。

after_5
店の作りはファストフード店のような雰囲気。日本の感覚でいうと、かなり不衛生。

after_6
若かりし頃の”毛沢東”のポスターが飾ってあった。

after_2_beer
注文したビール。正直、薄くてマズい・・・

after_3  after_1  after_4
注文したおつまみ。
左から羊肉の串焼き、野菜炒め(虫のような白く長い物体は豆腐の細切り)、切らずに長いままのニラの炒め物。
全部旨かった!
しかし後日、3人の体調に変化が。特に小島さんは大変なことに。この店の料理を疑っている。

after_7
もう朝なのに元気な3人、私は外で眠気をさましている。

after_7
食堂の外観


この後、ホテルに帰ってお昼ぐらいまで睡眠をとる。
ほぼ徹夜状態の1日目でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

コイケテツヤ

Author:コイケテツヤ
1969年3月生まれ B型

長野県長野市出身、坂城町在住
小学生のころよりピアノを始め、高校生でバンドを組む
高校を卒業したころ、ブルースマン「Otis Spann」のアルバムを聴きブルースにのめりこむ
以来、「MOJO KING」「WISE FOOLS」など、長野のブルースバンドのピアニストとして活動
30歳をすぎて、歌を歌い始める
自身のバンド「BOOGIE WOOGIE SHACK」(現在活動休止中)
ボーカル、ピアノを担当
現在、ソロ演奏のほか県内のバンド「DEEP SOUTH GROOVE」
「HOT LANTA」でピアノ、ハモンドオルガンを担当

服田洋一郎氏、菊田俊介氏、デミトリア・テイラー、WABI氏などのブルースアーティストと共演

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
携帯URL
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。